Postmail を使用して、メールフォームを設置する方法をまとめています。

手順

1. 次のサイトから Postmail 一式をダウンロードします。作成しているホームページのエンコードが Shift-JIS か UTF-8 かによってダウンロードするファイルが異なります。私は UTF-8 版をダウンロードしました。新規でウェブサイトを作成する場合は、UTF-8 が今後標準となります。
http://www.kent-web.com/mail/postmail.html

2. ダウンロードした postmail-utf.zip を解凍し、含まれているフォルダの名前を postmail に変更しておきます。このフォルダの直下に data などのフォルダや init.cgi などのファイルが存在します。

3. init.cgi ファイル内  2 個所を変更します。

さくらインターネットの場合

$cf{mailto} = 'info@xxx.test.com';

$cf{sendmail} = '/usr/sbin/sendmail';

シーサイドネットの場合

$cf{mailto} = 'info@xxx.test.com';

$cf{sendmail} = '/usr/sbin/sendmail';

@YMC の場合

$cf{mailto} = 'info@xxx.test.com';

$cf{sendmail} = '/usr/lib/sendmail';

4. postmail.cgi ファイル内の 1 行目を変更します。

さくらインターネットの場合

#!/usr/local/bin/perl

シーサイドネットの場合

#!/usr/local/bin/perl

@YMC の場合

#!/usr/bin/perl

5. レンタルサーバーに FTP 接続し、www フォルダの直下に postmail フォルダをアップロードします。

6 アップロードした postmail フォルダ内のファイルのアクセス権限を変更します。
http://www.kent-web.com/mail/postmail.html

  • check.cgi : 755
  • init.cgi : 666
  • postmail.cgi : 755

以上で設定は完了です。 postmail フォルダに含まれている postmail.html を使うと、テスト送信ができます。

設定が間違っていると、CGI 実行エラーです 500 : Internal Server Error のエラーが発生します。ほとんどの原因が、Perl のパスか、cgi ファイルの権限設定です。