未分類

Outlook 2007 - 受信専用アカウントを疑似的に運用する

Outlook 2007 では、複数のアカウントでメールを受信することができます。もちろん、逆に複数のアカウントからメールの送信もできます。

しかし、私の場合は一つのアカウントは送受信用なのですが、もう一つのアカウントは受信専用として使っています。
Outlook 2007 のアカウント設定では、送信で使用する既定のアカウントというのがあり、ここでメインで使用するアカウントを設定することができます。しかし、私が受信専用として運用しているメールフォルダを開いている時に、メールの新規作成をしてしまうと、送信元がこの受信専用のメールアカウントとなってしまいます。

結果、頻繁に受信専用として決めているアカウントからメールを誤発信してしまうことがありました。なんとか、受信専用のアカウントを作れないのか調べましたが、どうもそのような設定はないようです。

そこで、署名を使う方法を思いつきました。署名は、アカウントごとに作成することができますので、受信専用アカウントの署名として、次の内容を赤色で作成しました。 ----- これは受信専用です。送信用のアカウントを使うこと。 ----- つまり、この署名は自分への警告メッセージです。これを見れば、今間違って受信専用のアカウントで新規メールを作成しようとしていることが分かるのです。
一種のワークアラウンドといったところでしょうか。

-未分類