C# CSV ファイルを読み込む

準備

1. 参照設定を追加します。
– Microsoft VisualBasic

デザイン

1. フォーム (Form1) にボタン (button1) を配置します。
2. フォーム (Form1) にリストボックス (listBox1) を配置します。

サンプルコード (C#)

// 名前空間の追加
using Microsoft.VisualBasic.FileIO;

// コード
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
  TextFieldParser tfp = new TextFieldParser(@"D:\test1.csv");
  tfp.TextFieldType = FieldType.Delimited;
  tfp.SetDelimiters(",");
  
  string[] sReadData;
  while (tfp.EndOfData == false)
  {
    sReadData = tfp.ReadFields();
    foreach (string item in sReadData)
    {
      listBox1.Items.Add(item + " ");
    }
    listBox1.Items.Add("");
  }
}

解説

CSV ファイルを専用に読み込む処理は、Microsoft.VisualBasic 名前空間に存在します。C#, C++/CLI からでも VB の機能を実行可能です。

結果

動作確認環境

Visual Studio 2015 Professional (C# 6.0)