CakePHP の準備方法

CakePHP を動作させるための方法をまとめています。

■ステップ-1

*XAMPP のインストール

■ステップ-2

1. C:\xampp\apache\conf\httpd.conf を編集 LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so の先頭に # がついていたら削除し、Apache を再起動する。

2. C:\xampp\mysql\bin\my.ini を編集し、以下の設定を追加する。
[mysqld]
character-set-server=utf8
skip-character-set-client-handshake

■ ステップ-3

1. CakePHP 2.4.5 のダウンロード (cakephp-2.4.5.zip)
http://cakephp.jp/

2. C:\xampp\htdocs に test1 フォルダを作成

3. test1 フォルダに cakephp-2.4.5.zip を解凍してコピー。
test1 – app
+ lib
+ plugins
+ vendors

4. http://localhost:8080/test1/ にアクセスする。
* エラー : 2
* 正常 : 3
* 警告 : 2
* エラー : 2

■ ステップ-3

1. C:\xampp\htdocs\test1\app\Config\core.php を編集する。
・DYhG93b0qyJfIxfs2guVoUubWwvniR2G0FgaC9mi → DYhG93b0qyJfIxfs2guVoUubWwvniR2G0FgaC9mi123
・76859309657453542496749683645 → 76859309657453542496749683645123

2. http://localhost:8080/test1/ にアクセスする。
* 正常 : 3
* 警告 : 2
* エラー : 2

2. C:\xampp\htdocs\cake\app\Config\core.php を編集する。
・//Configure::write(‘Cache.check’, true); のコメントを外す。

■ステップ-4

1. DebugKit のダウンロード (debug_kit-master.zip)
https://github.com/cakephp/debug_kit

2. debug_kit-master.zip を解凍し、フォルダ debug_kit-master を DebugKit にリネームする。

3. DebugKit フォルダを C:\xampp\htdocs\test1\app\Plugin にコピーする。

4. C:\xampp\htdocs\test1\app\Config\bootstrap.php を編集する。
* CakePlugin::load(‘DebugKit’); //Loads a single plugin named DebugKit のコメントを外す。

5. C:\xampp\htdocs\cake\test1\app\Controller\。
class AppController extends Controller {
var $components = array( ‘DebugKit.Toolbar’);
}

6. http://localhost:8080/test1/ にアクセスする。
* 正常 : 4
* 警告 : 1
* エラー : 2

■ステップ-5

1. MySQL にデータベースを作成する。
* データベース名 : mydata
* ユーザー名 : root
* パスワード : pass

2. コマンドプロンプトを起動する。
C:\xampp\htdocs\test1
set path=%path%;c:\xampp\php;
app\Console\cake bake
* Default: (Enter)
* Mysql : (Enter)
* Persistent Connection : (Enter)
* Database Host : (Enter)
* Port : (Enter)
* User : (Enter)
* Password : pass
* Database Name : mydata
* Table Prefix : (Enter)
* Table Encoding : (Enter)

3. http://localhost:8080/test1/ にアクセスする。
* 正常 : 6

これで動くようになりました。