CSS 2.0 の勉強 (セレクタ)

セレクタとは、「適用先」のことで、html のどの要素に CSS のスタイルを適用するかを指定します。

セレクタには 2 種類あり、ID セレクタとクラスセレクタと言います。

ID セレクタはページに一度しか登場しない要素にスタイルを適用する場合に使用します。

クラスセレクタは、ページに何回も登場する要素にスタイルを適用する場合に使用します。

ID セレクタの指定には、要素と ID 名を # で連結します。クラスセレクタの指定には、要素とクラス名を . で連結します。