準備

(なし)

デザイン

1. フォーム (Form1) にボタン (button1) を配置します。
2. フォーム (Form1) にリストボックス (listBox1) を配置します。

サンプルコード (C#)

// 別名の追加 (名前空間の記述場所)
using CODE = System.Int32;
using PRICE = System.Decimal;

// 名前空間の追加
// (なし)

// コード
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
  CODE Code = 1;
  PRICE Price = 1050;

  listBox1.Items.Add(Code.GetType().FullName);
  listBox1.Items.Add(Price.GetType().FullName);
}

解説

.NET の型 (例:System.Int32) には 各言語の型の別名 (例:int) が付与されていますが、さらに他の別名も付与することができます。このサンプルの場合、CODE 型、PRICE 型を作成して、コードや価格を扱う際にはこの型を使うことを決めておけば、誤って違う型を使うことが防げる可能性が高くなります。また、一括して型を変更することも可能です。

C# では using で、VB.NET では Imports ディレクティブを使用して別名を付与することができますが、C++/CLI では同様の方法ではできないと思われます。そのため、旧来から存在する typedef を使用した別名定義で実現しています。結果は当然同一です。

結果

動作確認環境

Visual Studio 2015 Professional (C# 6.0)