PoweShell – エイリアス

Windows PowerShell で、エイリアス関係のコマンドを説明します。

コマンドレットに対するエイリアス (showfile) を作成

PS C:\> Set-Alias showfile Get-ChildItem

ファンクションに対するエイリアス (ch) を作成

PS C:\> Set-Alias ch Clear-Host

アプリケーションに対するエイリアス (np) を作成

PS C:\> Set-Alias np C:\windows\notepad.exe

エイリアス (dir) の定義内容 (コマンドレット) を取得

PS C:\> Get-Alias dir

エイリアス (dir) の定義内容 (コマンドレット) を取得

PS C:\> Get-Content Alias:\dir

コマンド一覧の中から定義されているエイリアスのみ出力

PS C:\> Get-Command -CommandType Alias
CommandType Name Version Source
----------- ---- ------- ------
Alias % -> ForEach-Object
Alias ? -> Where-Object
Alias ac -> Add-Content
Alias Add-AppPackage 2.0.1.0 Appx
(つづく)

エイリアスの定義をすべて出力

PS C:\> Get-ChildItem Alias:
CommandType Name Version Source
----------- ---- ------- ------
Alias % -> ForEach-Object
Alias ? -> Where-Object
Alias ac -> Add-Content
Alias asnp -> Add-PSSnapin
(つづく)

Alias ドライブに移動してから項目を出力

PS C:\> Set-Location Alias:
PS C:\> Get-ChildItem
CommandType Name Version Source
----------- ---- ------- ------
Alias % -> ForEach-Object
Alias ? -> Where-Object
Alias ac -> Add-Content
Alias asnp -> Add-PSSnapin
Alias cat -> Get-Content
Alias cd -> Set-Location
(つづく)

定義されているエイリアスの一覧を出力

PS C:\> Get-Alias
CommandType Name Version Source
----------- ---- ------- ------
Alias % -> ForEach-Object
Alias ? -> Where-Object
Alias ac -> Add-Content
Alias asnp -> Add-PSSnapin
Alias cat -> Get-Content
Alias cd -> Set-Location
Alias CFS -> ConvertFrom-String 3.1.0.0 Microsoft.PowerShell.Utility
(つづく)

定義されているエイリアスの一覧を出力

PS C:\> alias
CommandType Name Version Source
----------- ---- ------- ------
Alias % -> ForEach-Object
Alias ? -> Where-Object
Alias ac -> Add-Content
Alias asnp -> Add-PSSnapin
Alias cat -> Get-Content
Alias cd -> Set-Location
Alias CFS -> ConvertFrom-String 3.1.0.0 Microsoft.PowerShell.Utility

※ alias はエイリアスだと推測されるが、エイリアスの一覧に表示されません。