WordPress – 開発の基本

WordPress の開発についての基本事項をまとめています。

ファイル構成

「ページテンプレート」

表示の仕方に対応して、それぞれ専用のページ用テンプレートが用意されています。

  • home.php : [設定] – [表示設定] で、フロントページの設定が [最新の投稿] になっている場合に表示されるページです。
  • category.php : カテゴリーに所属する記事を表示するページです。
  • date.php : 日付ごとに投稿された記事を表示するページです。
  • page.php : 固定ページ表示用です。
  • single.php : 個別記事ページ表示用です。
  • search.php: 検索結果ページ表示用です。
  • index.php : 上記の各ページが存在しない時に使用されます。

「パーツテンプレート」

また、各ページで共通に使用する部分はパーツテンプレートとして分離させます。

  • header.php : ヘッダーエリアを記述します。get_header() テンプレートタグで読み込みます。
  • footer.php : フッターエリアを記述します。get_footer() テンプレートタグで読み込みます。
  • sidebar.php

標準で用意されていないパーツテンプレートはカスタムテンプレートとして任意の名前で用意します。

「その他」

上記のほかに以下のファイルがあります。

  • functions.php : カスタムヘッダーやカスタムメニューの機能を追加します。
  • style.ccs : スタイルシートです。

すべてのファイルの保存形式は UTF-8 (BOM 無し) を推奨します。

ページ表示の基準

特に指定がなければ、WordPress のサイトにアクセスすると、functions.php, home.php の順にファイルが表示されます。functions.php が存在しない場合は無視されます。home.php が存在しない場合は index.php が表示されます。これらのすべてのファイルが存在しない場合はブラウザには何も表示されません。

functions.php はサイトのコンテンツ表示と、管理画面の表示の際に読み込まれます。その為、不要な文字があると、wp-admin の表示に影響が出る場合があります。