未分類

C# 演算子 += と =+ の違いを考える

準備

(なし)

デザイン

1. フォーム (Form1) にボタン (button1) を配置します。
2. フォーム (Form1) にリストボックス (listBox1) を配置します。

サンプルコード (C#)

// 名前空間の追加
// (なし)

// コード
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
  int v1 = 1;
  
  // 次のように記述します。
  v1 =+1;
  listBox1.Items.Add(v1);
  
  // コードをコピーします。
  v1 = +1;
  listBox1.Items.Add(v1);
}

解説

演算子 += と =+ の違いを考えてみます。結論から言うと、演算子に =+ はありません。+= のみです。一見似ていますし、何より =+ と記述しても、コンパイルは通り実行もできます。 C++/CLI では文法の自動チェックが行われないため、分かりづらいのですが、他の言語では文法チェックが行われます。C# は v1 =+1; をコピーすると、v1 = +1; に変ります。VB.NET では、v1 =+1 と入力すると、自動的に v1 = +1 に変ります。 つまり、=+ は、変数 v1 に正の値を代入していることになります。

結果

動作確認環境

Visual Studio 2015 Professional (C# 6.0)

-未分類