WinMerge を使う

WinMerge は二つのファイルの差異を比較するツールである。以前 WinDiff を使っていたが、最近はこちらを使用している。

差異行のみ表示する

この機能は通常どの差異比較ツールにもあるが、WinMerge はちょっとわかりづらい。次のメニューから行う。1, 3, 5, 7, 9 行は差異行の前後〇行を表示する機能である。

CSV ファイルの比較を行う

ファイルに CSV を指定すれば、自動的にテーブルとして扱われ、行だけでなく列まで差異の対象となる。意図的にテーブルとして扱うには、次のメニューから行う。

 

前の記事

Adobe Acrobat Reader DC