Buffalo L3スイッチ BS-G3024MR を設定 (2a) ~VLAN の作成~

バッファロの BS-G3024MR の設定を研究する。

今回は次のような構成で設定を行う。

10689-01

(説明)

BS-G3024MR 内に 3 つの VLAN を構築し、それぞれ 1 台づつ PC を接続する。VLAN1 がインターネットに接続される VLAN とする。

時刻の設定

初めて BS-G3024MR を使用するときは、初期化した後は、時刻の設定をする。

10689-02

(手順)

1. [基本設定] – [SNTP 設定] をクリックする。

VLAN の作成

BS-G3024MR 内に 3 つの VLAN を作成する。

10689-03

(手順)

1. [基本設定] – [VLAN・IP 設定] – [VLAN・IP ステータス] をクリックする。

(説明)

標準で 1 つの VLAN が作成されているので、2 つ追加する。ポイントは VLAN1 のポートが一時的に他の VLAN に所属してしても構わないので、VLAN の追加を優先して作成していく。VLAN2, 3 を追加後、デフォルトの VLAN1 を変更すればよい。上記のショットは、次の VLAN ポート設定を行った後のものである。

VLAN ポートの作成

VLAN ポート (PVID) の作成を行う。

10689-04

(手順)

1. [基本設定] – [VLAN・IP 設定] – [VLAN ポート設定] をクリックする。

(説明)

各ポートの VLAN ごとに PVID を割り当てる。上記の VLAN 作成と内容が重複しているところの理解ができないが、このようにしないと VLAN が作成されない。通常、VLAN ID と PVID は同一にしておけ問題と考える。

PC の設定

各 PC を次のように設定する。各 PC のゲートウェイは、自分が所属している VLAN の IP アドレスとなる。DNS は共通で光ルータのアドレスとなる。

(PC1)

  •  IP : 192.168.1.10/24
  •  GW : 192.168.1.254
  •  DNS : 192.168.1.1

(PC2)

  •  IP : 192.168.2.10/24
  •  GW : 192.168.2.254
  •  DNS : 192.168.1.1

(PC3)

  •  IP : 192.168.3.10/24
  •  GW : 192.168.3.254
  •  DNS : 192.168.1.1

まとめ

これで VALN が作成され、全ての PC の設定も完了した。VLAN 同志のネットワークはデフォルトで通信ができるようになっている。これにより、所属している PC 同志も通信が可能である。 ネットワーク接続の確認を行うには、ping コマンドが便利である。

しかし、Windows のファイアウォールの設定により、ping が反応しなかったりするので、PC 側の設定に注意が必要である。

また、Buffalo LS-G3024MR の特性なのか、L3 スイッチ全体の特性なのかは分からないが、各 VLAN に最低 1 台の機器が接続されていないと、VLAN のアドレスに ping が通らないので注意が必要だ。

Follow me!