即戦力になるための PHP システム開発の教科書の顧客管理システム

「即戦力になるための PHP システム開発の教科書」に付属しているサンプルシステム「顧客管理」を Windows 用の XAMPP 1.8.2 で動作させるためのステップをまとめました。

準備

1.C:\xampp\apache\conf\httpd.conf を編集
LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so の先頭に # がついていたら削除し、Apache を再起動する。

手順

1. customer_management.zip 内の cake フォルダを c:\xampp\htdocs にコピー。

2. まずはこの状態で動作確認。エラー2、警告1が発生。
http://localhost:8080/cake/

3. C:\xampp\htdocs\cake\app\Config\core.php を編集します。
・DYhG93b0qyJfIxfs2guVoUubWwvniR2G0FgaC9mi → DYhG93b0qyJfIxfs2guVoUubWwvniR2G0FgaC9mi123
・76859309657453542496749683645 → 76859309657453542496749683645123

4. 動作確認。エラー0、警告1が発生。
http://localhost:8080/cake/

5. C:\xampp\htdocs\cake\app\Config\core.php を編集します。
・//Configure::write(‘Cache.check’, true); → Configure::write(‘Cache.check’, true);

6. C:\xampp\htdocs\cake\app\Config 内の database.php.default をコピーして database.php を作成。

7. phpMyAdmin で、C:\xampp\htdocs\cake\custom\customer_management_preparation.sql をインポート。

8.phpMyAdmin で、ユーザーを新規作成
・ユーザー : cakeuser
・パスワード : cakepass
・権限 : すべてにチェック

9. 上記 database.php を編集 (66 ~ 68 行)
・’login’ => ‘cakeuser’,
・’password’ => ‘cakepass’,
・’database’ => ‘customer_management’,

10. 動作確認。エラー0、警告0が発生。
http://localhost:8080/cake/

11. C:\xampp\htdocs\cake\app\Config\routes.php を変数します。
・Router::connect(‘/’, array(‘controller’ => ‘pages’, ‘action’ => ‘display’, ‘home’));

→  Router::connect(‘/’, array(‘controller’ => ‘customers’, ‘action’ => ‘index’));

12. C:\xampp\htdocs\cake\custom\AppController.php を C:\xampp\htdocs\yst\cake\app\Controller にコピー。

13. http://localhost:8080/cake/cm/users/add にアクセスして、cakeuser/cakepass を作成しておく。

(オプション – Twitter Bootstrap UI の適用)
13. C:\xampp\htdocs\cake\custom\default.ctp を C:\xampp\htdocs\cake\app\View\Layouts にコピー。

これで動くようになりました。

Follow me!