未分類

Outlook 2007 - メールをバックアップする

Outlook 2007 でメールをバックアップする方法をまとめています。

方法

1. [ファイル] - [オプション] をクリックします。

2. [詳細設定] をクリックします。

3. [エクスポート] をクリックします。

4. [ファイルにエクスポート] を選択します。

5. Outlook データファイル (.pst) を選択します。

6. エクスポートするフォルダを選択します。通常はメール最上位のメールアカウント名を選択します。また、サブフォルダも含めるようにチェックします。 7. エクスポートする場所とファイル名を指定して、エクスポートを実行します。

以上でバックアップファイル (pst) が出来上がります。このファイルを Outlook 2007 の [ファイル] - [開く] メニューから開けば、メールを確認することができます。また、開いた後、連絡先や予定表のタブを表示すれば、このバックアップファイルに保存されている連絡先や予定表も確認することができます。

pst ファイルにエクスポート指示することによって、メール/連絡先/予定表のバックアップが取得できます。pst ファイルには、パスワードを設定することできます。ファイルを開いた後、そのバックアップファイルのツリーのトップノードを右クリックして、プロパティを表示させます。この中の [詳細] でパスワードを設定することができます。

最近では、Gmail、 Windows Live メール、Yahoo! メールのようなクラウドサービスを使うことが一般的ですが、クラウド上にあるからと言って、消失しない理由はありません。また、何らかの理由によって、アクセスできないかもしれません。クラウドサービスを使うのは、便利ですが、バックアップだけはこれまで同じようにやっておくべきでしょう。

-未分類