未分類

XAMPP - インストール

XAMPP for Windows のインストール方法をまとめています。

機能

XAMPP はウェブアプリケーションを開発・実行するためのオープンソースのソフトウェアパッケージです。次のソフトウェアがパッケージ化されています。

  • Apache (ウェブサーバー)
  • MySql (データベースサーバー)
  • FileZilla (FTP サーバー)
  • Mercury (メールサーバー)
  • Tomcat (Java サーブレット、JavaServer Pages 実行用のサーブレットコンテナ)

これらのソフトウェアは、XAMPP Control Panel (例 C:\xampp\xampp-control.exe) で一括して管理できます。

環境

  • Windows Server 2008 R2 (X64) : ポート 80 で運用
  • Windows 7 Ultimate (X64) : ポート 8080 で運用 (Microsoft WebMatrix と共存)

インストール方法

  1. 次のサイトからダウンロードします。私が入手したソフトウェア形態は、インストールパッケージです。ファイル名は xampp-windows-x64-8.0.1-1-VS16-installer.exe です。
    http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.html
  2. xampp-windows-x64-8.0.1-1-VS16-installer.exe を実行して、セットアップを開始します。
  3. ウィザードに従ってセットアップを続行します。途中、UAC に関するのメッセージが表示されますが、無視して、C:\xampp にインストールします。

設定方法

  1. インストール終了後、自動的に XAMPP コントロールパネルが起動されますが、自分自身で起動する場合は、C:\xampp\xampp-control.exe を起動します。
  2. 起動したいアプリケーションの [Start] ボタンをクリックします。

解説

通常、PHP などを実行するためには、クライアントで開発して、サーバーで実行します。しかし、開発段階のテストでこれらの環境が分かれていると、効率が非常に悪いのです。XAMPP を使うと、開発環境で即実行してテストも可能なので、環境が一つで済みます。

-未分類