準備

(なし)

デザイン

1. フォーム (Form1) にボタン (button1) を配置します。
2. フォーム (Form1) にリストボックス (listBox1) を配置します。

サンプルコード (C#)

// 名前空間の追加
// (なし)

// コード
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
  // ケース-1
  string[] sName1 = new string[3];
  sName1[0] = "A";
  sName1[1] = "B";
  sName1[2] = "C";
  foreach (string item in sName1)
  {
      listBox1.Items.Add(item);
  }
  listBox1.Items.Add("\r");

  // ケース-2
  string[] sName2 = new string[3] { "A", "B", "C" };
  foreach (string item in sName2)
  {
      listBox1.Items.Add(item);
  }
  listBox1.Items.Add("\r");

  // ケース-3
  string[] sName3 = new string[] { "A", "B", "C" };
  foreach (string item in sName3)
  {
      listBox1.Items.Add(item);
  }
  listBox1.Items.Add("\r");

  // ケース-4
  string[] sName4 = new[] { "A", "B", "C" };
  foreach (string item in sName4)
  {
      listBox1.Items.Add(item);
  }
  listBox1.Items.Add("\r");

  // ケース-5
  string[] sName5 = { "A", "B", "C" };
  foreach (string item in sName5)
  {
      listBox1.Items.Add(item);
  }
  listBox1.Items.Add("\r");

  // ケース-6
  var sName6 = new[] { "A", "B", "C" };
  foreach (string item in sName6)
  {
      listBox1.Items.Add(item);
  }
  listBox1.Items.Add("\r");
}

解説

sName1, sName2, sName3, sName4, sName5, sName6 の一次元配列を作成します。内容は全て同じですが、作成方法が異なります。

ケース-1 の場合、宣言と初期化を別々に行っています。

ケース-2 の場合、宣言と初期化を同時に行っています。

ケース-3 の場合、宣言と初期化を同時に行っていますが、ケース-2 の添え字を省略してコード量を減らしています。

ケース-4 の場合、宣言と初期化を同時に行っていますが、ケース-3 の右辺の型を省略してコード量を減らしています。

ケース-5 の場合、宣言と初期化を同時に行っていますが、さらに、new[] を省略してコード量を減らしています。

ケース-6 の場合、型推論によって変数を宣言し、型と配列の大きさを初期値から推論しています。

結果

動作確認環境

Visual Studio 2015 Professional (C# 6.0)