空の配列を使用する方法について、サンプルコードを用いて説明します。

空の通常配列を作成し、そのあとにデータを追加

$ret = @() 
$ret += "A" 
$ret += "B" 
$ret += "C" 
$ret | foreach {$_}

空の連想配列を作成し、そのあとにデータを追加 (+= 演算子の使用)

$s = @{} 
$s += @{Apple = 100} 
$s += @{Melon = 90} 
$s += @{Banana = 70} 
$s

空の連想配列を作成し、そのあとにデータを追加 (Add メソッドの使用)

$s = @{} 
$s.Add("Apple", 100) 
$s.Add("Melon", 90) 
$s.Add("Banana", 70) 
$s

空の通常配列はメソッドやプロパティを一切所有していない

ようです。Get-Member コマンドレットを実行するとエラーとなります。

@() | Get-Member

空の連想配列はメソッドやプロパティを所有

@{} | Get-Member

連想配列からキーだけを取得

$x = @{}
$x.Add("バナナ", 90)
$x.Add("りんご", 120)
$x.Add("メロン", 550)
$x.Keys

連想配列から値だけを取得

$x = @{}
$x.Add("バナナ", 90)
$x.Add("りんご", 120)
$x.Add("メロン", 550)
$x.Values