未分類

C# 演算子 ++ の使い方を考える (1)

準備

(なし)

デザイン

1. フォーム (Form1) にボタン (button1) を配置します。
2. フォーム (Form1) にリストボックス (listBox1) を配置します。

サンプルコード (C#)

// 名前空間の追加
// (なし)

// コード
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
  int v1 = 0;
  int v2 = 0;
  
  // ステップ-1
  v1++;
  ++v2;
  listBox1.Items.Add(v1);
  listBox1.Items.Add(v2);
  listBox1.Items.Add("");
  
  // ステップ-2
  listBox1.Items.Add(v1++);
  listBox1.Items.Add(++v2);
  listBox1.Items.Add("");
  
  // ステップ-3
  listBox1.Items.Add(v1);
  listBox1.Items.Add(v2);
}

解説

基本的な違いは次のようになります。 ○ 変数++ は、その変数が使われた後でインクリメントします。 ○ ++変数は、その変数が使われる前にインクリメントします。そしてインクリメントされた値が使われます。 ステップ-1 では、変数 v1 が使われた後でインクリメントされます。変数 v2 はインクリメントされてから使われます。しかし、両者ともインクリメントされるだけで、変数は使われません。そのため、出力結果はどちらとも 1 になります。 ステップ-2 では、変数 v1 はコンソールに出力された後でインクリメントされます。変数 v2 はインクリメントされてからコンソールに出力されます。そのため、出力結果は 1, 2 となり、結果が違います。どちらもインクリメントされることには変わりませんので、ステップ-2 が終了した時点ではどちらも同じ値です。 ステップ-3 ではどちらも 2 が出力されます。これにより、ステップ-2 での変数 v1 はコンソールに出力された後でインクリメントされていることが分かります。

結果

動作確認環境

Visual Studio 2015 Professional (C# 6.0)

-未分類