準備

(なし)

デザイン

1. フォーム (Form1) にボタン (button1) を配置します。
2. フォーム (Form1) にリストボックス (listBox1) を配置します。

サンプルコード (C#)

// 名前空間の追加
// (なし)

// コード
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
  string sConn = "Data Source=192.168.1.10;Initial Catalog=TESTDB;User ID=sa;Password=secret";
  string[] sConnInfo = sConn.Split(new[] { ";" }, StringSplitOptions.None);
  
  listBox1.Items.Add(sConnInfo[0].Replace("Data Source=", ""));
  listBox1.Items.Add(sConnInfo[1].Replace("Initial Catalog=", ""));
  listBox1.Items.Add(sConnInfo[2].Replace("User ID=", ""));
  listBox1.Items.Add(sConnInfo[3].Replace("Password=", ""));
}

解説

データベース接続文字列は、通常そのままの形でデータベースのオープンに使用されますが、時々その中の個別の情報を利用したい時があります。そのような時には、まず、セミコロン (;) で分割し、イコール (=) の左側の文字列を削除することで、中の情報を個別に取得することができます。

結果

動作確認環境

Visual Studio 2015 Professional (C# 6.0)