C# プログラマーによる技術情報サイトです。フリーランスでの活動で日々遭遇する技術情報をお届けします。

.NET サンプル

  • HOME »
  • .NET サンプル

 

値型の変数を別の値型の変数にキャストする (暗黙的)変数・型

C# 変数を宣言する (.NET の型を使用)
C# 変数を宣言する (各言語の別名を使用)
C# 変数を宣言する (インスタンス化を使用)
C# 変数をまとめて宣言する
C# 変数名に予約語を使用する
C# 変数の型名を取得する
C# 複数の変数に値を一度に代入する
C# 型のサイズを取得する (Marshal クラスを使用)
C# 型のサイズを取得する (各言語固有の方法を使用)
C# メンバー変数を初期化する (インスタンス化時にメンバー変数名を指定)
C# 変数を宣言する (string 型の初期化)
C# 型に別名 (エイリアス) を付与する
C# 型推論を使用して、変数の型を自動的に決定する
C# 値型の変数で null を扱う
C# 値型の変数を別の値型の変数にキャストする (明示的)
C# 値型の変数を別の値型の変数にキャストする (暗黙的)
C# 値型の変数を参照型の変数にキャストする

データグリッドビュー

C# データグリッドビューにデータを追加する
C# データグリッドビューのセルを読み取り専用にする (Cell_Lock)
C# データグリッドビューから値を文字列として取り出す (CellValString)

文法

複数のステートメントを 1 行に記述する
クラスで定義したメソッドを公開または非公開にする
if 文
switch (Select) で複数の条件に合致した処理をする
for 文
for 文による無限ループ
for 文 で任意の数でカウントアップする
foreach 文
while 文
Do 文
is 演算子により型を判断する
null 合体演算子で null を判断する
条件演算子を使う
演算子 += と =+ の違いを考える
演算子 ++ の使い方を考える (1)
演算子のオーバーロードを行う
goto 文を使用する

変数・型

変数を宣言する (string 型の初期化)
bool 型のサイズを考える
as (dynamic_cast) 演算子を使用して、変数をキャストする
TryCast を使用して、変数をキャストする

配列

一次元配列を作成する
二次元配列を作成する
配列の配列を作成する
配列のサイズを取得する
配列のサイズを変更する (1)
配列のサイズを変更する (2)
配列の下限と上限を取得する
配列の次元数を取得する
文字列型を文字の配列に変換する
配列のコピーを作成する
配列のクローンを作成する
配列をソートする (昇順)
配列をソートする (降順)
配列の要素の順序を逆順にする
配列の内容をクリアする
複数の配列を結合する
配列にアイテムが含まれているか調べる
配列の内容に同じ規則で処理を適用する (デリゲート)
配列の内容を出力する (デリゲート)
配列のデータを結合する
配列が固定サイズであるかを判別する
配列を List に変換する
配列を ArrayList に変換する
ArrayList を配列に変換する
配列から重複データを除去する (1) – 旧来のフラグ編 –
配列から重複データを除去する (2) – IndexOf 編 –
配列から重複データを除去する (3) – LINQ 編 –
配列から重複データを除去する (4) – LINQ メソッド編 –

数値

四則演算、余り、べき乗を計算する
実数の小数点以下を切り上げる
実数の小数点以下を切り捨てる
実数を四捨五入する
数値を書式指定によって出力する (1)
数値を書式指定によって出力する (2)
書式設定された数値を数値に変換する
指定したカルチャーに応じた形式で数値を出力する
数値型変数の最小値と最大値を確認する
文字が数字かを判断する
乱数を扱う (2)
乱数を扱う (1)
double の誤差を考える

文字列・文字

特定の文字列が含まれているかをチェックする (1)
特定の文字列が含まれているかをチェックする (2)
データベース接続文字列の情報を個別に取得する
文字列全体が全角文字かをチェックする
文字列を全角文字に変換する
カタカナをひらがなに変換する
文字列をビットに変換する
指定した任意の文字で文字列の終端文字列を置換する
文字列の前後の文字を置換する
文字列が日本語かをチェックする
プレースホルダーを使って文字列を作成する
バイト列を文字列に変換する
文字列の長さを取得する
文字列から特定の文字列を取出す
文字列を大文字/小文字に変換する
文字列を特定の文字で分割する (1)
文字列を特定の文字で分割する (2)
文字列を文字列で分割する
文字列型配列のデータを結合する
文字列にダブルクォーテンションを含める
文字列を置換する
同じ文字を複数個連結して文字列を作る
文字列の開始と終了文字を調べる
テキストボックスの文字列を行単位で読み込む
文字列を Unicode バイト列に変換する
エンコーディングに応じた文字列のバイト数を取得する
バイト配列を 16 進数の連続した文字列として出力する
文字の文字コードを取得する
文字を文字列に変換する
16 進数を 10 進数にコンバートする
文字列が null であるかを判断する
文字列が Empty (空文字列) であるかを判断する
字列が空白文字だけで構成されているかを判断する
文字列を URL エンコーディングする
文字列で指定したクラス名でクラスをインスタンス化する
文字列を結合する (1)
文字列を結合する (2)
文字列を結合する (3)
文字列を比較する (1)
文字列を比較する (2)
文字列を比較する (3)
文字列を比較する (4)
ヒア文字列を扱う
可変型文字列を扱う
文字列と文字の配列を相互変換する
文字を扱う
null 文字を扱う
タブ文字を扱う
改行文字を扱う
文字と文字コードを相互変換する
数字と文字列を相互に変換する
論理値と文字列を相互に変換する

数値と文字列

10 進数 / 16 進数を表記する
10 進数を 16 進数にコンバートする
10 進数を 2/8/16 進数にコンバートする
2/8/16 進数を 10 進数にコンバートする
数字と文字列を相互変換する
文字列を数値に変換できるかをチェックする
文字列を数値に変換する (できない場合は 0)

日付

現在の日付と時刻を取得する
経過時間を計測する
OS が起動してからの経過時間を求める
月の日数を取得する
現在時刻のタイマ刻み数を取得する
日付の間隔を計算する
閏年の判定をする
曜日を出力する
日付の有効性を確認する
タイムゾーンと時差を取得する
現在のローカル時刻を標準時刻にコンバートする
初期値を指定して日付型変数を作成する
時間の初期値を設定する
日付データの月を増減する
日付と時刻をさまざまな表現で出力する
日付を和暦で表現する (1)
日付を和暦で表現する (2)
和暦を西暦に変換する

ファイル

ファイルの内容をバイト配列に読み込む (1)
ファイルの内容をバイト配列に読み込む (2)
ファイルにバイト配列を書き込む
固定長ファイルを作成する
ファイルの拡張子を変更する
テキストファイルを読み込む (1)
テキストファイルを読み込む (2)
ファイルの日時を取得する
ファイルの日時を変更する
指定したファイルの存在を確認する
特定のファイルを取得する
ディレクトリ配下のすべてのファイルを取得する
ディレクトリファイルの一覧を同時に出力する
ファイルの属性を変更する
ファイルの拡張子を取得する
ファイルのサイズを取得する
実行ファイルのアイコンを取得する
パスと拡張子が除去されたファイル名を取得する
ファイルのコピー中にアニメーションを表示する (1)
ファイルのコピー中にアニメーションを表示する (2)
フルパスファイル名からディレクトリ名を取得する
ディレクトリの存在をチェックする
ファイルをコピーする
ファイルを移動 (兼ファイル名の変更) する
指定したファイルを削除する
テキストファイルを作成する
CSV ファイルを作成する
CSV ファイルを読み込む (1)
CSV ファイルを読み込む (2)
ファイルの属性を取得する
テキストファイルから読み込んだデータを改行で分割する
BOM 付き UTF-8 でファイルを保存する
テキストファイルを書き込む
ファイルにバイト単位で書き込みをする
関連付けられたアプリケーションでファイルを開く
テキストファイルを文字列型変数に読み込む
テキストファイルを文字列型配列に読み込む
テンポラリファイルを作成する
テンポラリフォルダ名を取得する
相対パスから絶対パスを取得する
絶対パスから相対パスを取得する
カレントディレクトリを取得または変更する
カレントドライブを取得または変更する
論理ドライブをすべて取得する
ディレクトリを作成する
ディレクトリを削除する
パスの書き方

列挙体

列挙体の名前を取得する
列挙体の情報を取得する (KnownColor 編)
列挙体の情報を取得する (DayOfWeek 編)
列挙体の情報を取得する (TextRenderingHint 編)
列挙体の情報を取得する (Environment.SpecialFolder 編)
enum メンバーの値の型を指定する
文字列を列挙体の要素に変換する
列挙体の要素の初期値を設定する
列挙体をフラグとして扱う
列挙体に要素が存在するかを確認する
数値を列挙体の要素に対応させ、列挙体の文字列に変換する

メッセージボックス

メッセージボックスに数値を直接表示する

コモンダイアログ

ファイルを開くダイアログを扱う
ファイルの保存ダイアログを扱う

コントロール

MDI アプリケーションを作成する
コントロールのサイズや位置をフォームのサイズに同調する
コントロールを非表示にする
コントロールを使用できない状態にする
タブインデックスを動的に変更する
コントロールの種類を判断する
コードにより、コントロールを作成する (1)
コードにより、コントロールを作成する (2)
コードにより、コントロールを作成する (3)
コントロールの描画を強制する
コントロールを配列のように使う (1)
コントロールを配列のように使う (2)
コントロールを配列のように使う (3)
コントロールを配列のように使う (4)
コントロールを配列のように使う (5)
指定した文字がコントロールのニーモニックであるかを判別する
コントロールのメンバー変数を作成しない
コントロールの位置を変更する
アクセスキーを無効にする
コントロールのサイズを変更する
コントロールの内容を検証 (チェック) する
コントロールに設定したイメージの表示方法を変更する
コントロールに任意のユーザー定義情報を設定する
次のタブオーダーを持っているコントロールにフォーカスを設定する
コントロールの型を判断する (1)
コントロールの型を判断する (2)
コントロールの親子関係を判断する
コントロールを検索する
コントロールにフォーカスを設定する

フォーム

フォーム自体を扱う
フォームのサイズ変更を不可能にする
ヘルプボタンを扱う
スプラッシュスクリーンを表示する
メニューに MDI 子フォーム名のリストを表示する
移動できない、消すこともできないフォームを表示する
フォームを指定した位置に表示する
最初に実行するフォームを変更する
フォームの透明度を設定する
フォーム上のすべてのコントロールを使用不可能に設定する
コントロールに設定された文字列から適切なラベルの幅を算出する
フォームを Enter または ESC キーで操作する
フォームが最小化されても画像を再描画する
フォームにフォーカスを移動する
フォームの×ボタンでフォームをクローズしないようにする
フォームが特定のフォームの常に前面に表示させる (1)
フォームが特定のフォームの常に前面に表示させる (2)
フォームが特定のフォームの常に前面に表示させる (3)
フォームのオブジェクトが破棄されたことを確認する
フォームの最大化ボタンクリック時のサイズを設定する
フォームを開くときに任意のコントロールにフォーカスを設定する (1)
フォームを開くときに任意のコントロールにフォーカスを設定する (2)
フォームのクライアント領域を透明にする
同じフォームを複数同時に開く
フォームを表示する (1)
フォームを表示する (2)
フォームにスクロールバーを表示する
フォームにフォームを配置する
オープンしているフォーム情報を取得する
フォームを縦方向にだけリサイズ可能にする
フォームのクライアント領域のマウス座標を取得する
マウスカーソルの移動範囲をフォームのクライアント領域に制限する
タイトルバーの高さを取得する
タイトルバーがないウィンドウを表示する
フォームの最小化時に通知領域に格納する
フォームが表示された直後に処理を行う
フォームの位置を変更する
フォームの位置とサイズを変更する (1)
フォームの位置とサイズを変更する (2)
フォームの位置とサイズを変更する (3)
フォームの位置とサイズを変更する (4)
フォームの位置とサイズを変更する (5)
フォームのリサイズのタイミングで処理を行う
現在アクティブなフォームを取得する
MDI 親ウィンドウの背景色を変更する
フォームのタイトルを変更する
フォームを常に手前に表示する
フォームのクライアントサイズを取得する
フォームを閉じる (1)
フォームを閉じる (2)
プロジェクトに情報ボックスフォームを追加する
フォームクローズ時に選択されたボタンの種類を判別する (1)
フォームクローズ時に選択されたボタンの種類を判別する (2)
フォームクローズ時に選択されたボタンの種類を判別する (3)
他のフォームに値を渡す
他のフォームから値を返す (1)
他のフォームから値を返す (2)
アクティブな MDI 子ウィンドウを取得する

ボタン

ボタンコントロールにラベルコントロールを追加する
ボタンのクリックイベントを発生させる
ボタンにイメージを表示する
ボタンをフラットスタイルで扱う
ボタンにイメージリストからイメージを追加する (1)
ボタンにイメージリストからイメージを追加する (2)
ボタンのテキストを右揃えにする

ラベル

ラベルを透明にする
テキストの最後に続き記号 (…) を自動で表示させる
ラベルの内容をクリアする

リンクラベル

リンクラベルからウェブサイトを開く
リンクラベルにマウスを移動したときにのみ下線を表示する
リンクラベルをクリックした後、訪問済みにする
リンクラベルに複数のリンク情報を設定する (1)
リンクラベルに複数のリンク情報を設定する (2)
リンクラベルの一部をリンクにする

テキストボックス

テキストボックスの任意の位置にカーソルを表示する
テキストボックスの入力内容を数字に限定する
テキストボックスの一部の文字を選択する (1)
テキストボックスの一部の文字を選択する (2)
テキストボックスにマルチラインの文字列を設定する
テキストボックスの入力を禁止する (1)
テキストボックスの入力を禁止する (2)
テキストボックスのカーソルがある位置までスクロールする
テキストボックスを Enter キー入力でフォーカスを移動する
テキストボックスのオートコンプリート機能を使用する (1)
テキストボックスのオートコンプリート機能を使用する (2)
テキストボックスの内容が変更されたかを判別する
テキストボックスの入力文字数を制限する
テキストボックスのコピー、切り取り、貼り付け、アンドゥを行う
テキストボックスにバインディングソースを設定する
マルチラインのテキストボックスから行単位のデータを抽出する (1)
マルチラインのテキストボックスから行単位のデータを抽出する (2)
マルチラインのテキストボックスから行単位のデータを抽出する (3)
テキストボックスの内容をクリアする (1)
マルチラインのテキストボックスの行数を取得する
マルチラインのテキストボックスで Tab を入力可能にする
テキストボックスの内容をクリアする (2)
テキストボックスの入力文字数の制限を設定する
テキストボックスの初期 IME を常にオンにする
テキストファイルをテキストボックスに簡単に読み込む
テキストボックスの日本語の入力を絶対に不可能にする
テキストボックスを外部から操作する

リッチテキストボックス

リッチテキストファイルを表示する
リッチテキストファイルを保存する
リッチテキストボックスに色つきのテキストを表示する
リッチテキストボックスの選択されたテキストの属性 (色, フォントなど) を変更する

マスクテキストボックス

マスクテキストボックスを扱う

リストボックス

リストボックスにアイテムを追加する
リストボックスにアイテムを挿入する
リストボックスに配列データを設定する (1)
リストボックスに配列データを設定する (2)
リストボックスに ArrayList データを設定する (1)
リストボックスに ArrayList データを設定する (2)
リストボックスで選択されているアイテムを取得する
リストボックスに全てのフォント名を設定する
リストボックスにフォント名をそのフォントで表示する
リストボックスのアイテムにアイコンを表示する
リストボックスにオーナードローしたアイテムのフォーカスを表示する
エクスプローラーからリストボックスにファイルをドラッグ & ドロップする
リストボックスへのアイテム追加を高速に行う
リストボックスを複数列で表示する
リストボックスで選択されている複数のアイテムを確認する
リストボックスに List の内容を設定する

チェック付きリストボックス

チェック付きリストボックスにアイテムを追加する
チェック付きリストボックスにチェック状態のアイテムを追加する
チェック付きリストボックスのアイテムをクリックと同時にチェック状態を変更する
チェック付きリストボックスにアイテムを挿入する
チェック付きリストボックスでチェックされたアイテムを抽出する

コンボボックス

コンボボックスにアイテムを追加する
コンボボックスにアイテムを挿入する
コンボボックスに配列データを設定する (1)
コンボボックスに配列の内容を設定する (2)
コンボボックスに ArrayList の内容を設定する (1)
コンボボックスに ArrayList の内容を設定する (2)
コンボボックスに List の内容を設定する
コンボボックスで選択されているアイテムを取得する
コンボボックスの選択アイテムが変更されたことを知る
コンボボックスに全てのフォント名を設定する
コンボボックスにフォント名をそのフォントで表示する
コンボボックスのアイテムにアイコンを表示する
コンボボックスにオーナードローしたアイテムのフォーカスを表示する
コンボボックスのアイテムから検索する
コンボボックスから指定した文字列で始まるアイテムを検索する
コンボボックスから指定した文字列のアイテムを検索する
コンボボックスのリストを自動的に展開する
コンボボックスのドロップダウンリストの幅を変更する
コンボボックスのアイテムを選択する (1)
コンボボックスのアイテムを選択する (2)

ツリービュー

ツリービューにノードを追加する
ツリービューのノード数を取得する
ツリービューの子ノードの完全名を取得する
ツリービューのノードを右クリックで選択する
ツリービューのノードにアイコンイメージを追加する
ツリービューにチェックボックスを表示する
ツリービューで、親ノードのテキストを取得する
ツリービューで選択されているノードを取得する
ツリービューで、子ノードを選択する
ツリービューのノードすべて展開 / 折りたたみする

リストビュー

リストビューにアイテムを表示する
リストビューの背景色を 1 行おきに変える
リストビューにチェックボックスを表示する
リストビューのアイテムを削除する (1)
リストビューのサブアイテム foreach で処理する
リストビューの全てのカラムを削除する
リストビューの全てのアイテムを削除する
リストビューに文字列配列をアイテムとして追加する
リストビューのアイテムをカンマ区切りの文字列に変換する (1)
リストビューのアイテムをカンマ区切りの文字列に変換する (2)
リストビューのアイテムをカンマ区切りの文字列に変換する (3)
リストビューへのアイテム追加を高速に行う
リストビューの列幅をアイテムの内容の応じて調整する
リストビューの列幅を列名の内容の応じて調整する
リストビューにアイテムを追加する (1)
リストビューにアイテムを追加する (2)
リストビューにアイテムを追加する (3)
リストビューの複数のアイテムを削除する
リストビューのアイテムを削除する (1)
リストビューのアイテムを削除する (2)
リストビューのアイテムを削除する (3)

データグリッドビュー

データグリッドビューの列ヘッダーのクリックを識別する
データグリッドビューの行ヘッダーのクリックを識別する
データグリッドビューの列ヘッダーのテキストを中央揃えにする
データグリッドビューのデザインをフラットに設定する
データグリッドビューのカレントセルを未設定にする
データグリッドビューの選択されたセルの内容をクリアする
データグリッドビューの列を名前で扱う
データグリッドビューでクリックされたマウスの座標からクリックされたセル位置を取得する
データグリッドビューの行を 1 行おきに色を変える
データグリッドビューにオブジェクト配列を設定する
データグリッドビューでオートコンプリートを使用する
データグリッドビューで行列のヘッダーの色を変更する
データグリッドビューのセルをデフォルトで入力状態にする
データグリッドビューのセルのフォーマットを設定する
データグリッドビューで複数セルの選択を禁止する
データグリッドビューで常に行選択をする
データグリッドビューのセルを右クリックで選択するデータグリッドビューのセルを右クリックで選択する
データグリッドビューにフォントの種類を設定する
データグリッドビューに空白行を追加する
データグリッドビューのセルを右クリックで選択する
データグリッドビューの 1 行上のデータと同じデータを非表示にする
データグリッドビューの列を選択可能にする
データグリッドビューの列をソート禁止にする
データグリッドビューの選択された列のヘッダーを取得する
データグリッドビューの選択された行のインデックスを取得する
データグリッドビューのカレントセルを変更する
データグリッドビューのセルを追加選択する
データグリッドビューの選択されたセルを未選択する
データグリッドビューで列を追加で選択状態にする
データグリッドビューで行を追加で選択状態にする
データグリッドビューの左上のコーナーセルに値を設定する
データグリッドビューの行削除時に確認を行う
データグリッドビューのセルの内容を折り返して表示する
データグリッドビューに配列の配列を設定する
データグリッドビューに二次元配列を設定する
データグリッドビューに一次元配列を設定する
データグリッドビューに二次元配列風のクラスの配列を設定する
データグリッドビューのセルに値を設定する
データグリッドビューにコンボボックスカラムを追加する
データグリッドビューのコンボボックスをクリックした時に、リストを自動展開する
データグリッドビューの行列のサイズを変更できないようにする
データグリッドビューを読み取り専用する (1)
データグリッドビューの新規データ行 (最後の * 行) を非表示にする
データグリッドビューの特定の列と行を非表示にする
データグリッドビューの列数、行数を取得する
データグリッドビューの白紙表を作成する
データグリッドビューのカレントセルの位置を取得する
データグリッドビューの行列を読み取り専用する
データグリッドビューの特定のセルを読み取り専用する
データグリッドビューで読み取り専用のセルの色を変更する
データグリッドビューを読み取り専用する (2)
データグリッドビューで Delete キーによる行削除を無効にする
データグリッドビューの行が新規データ追加行 (*) であるかを判断する
データグリッドビューの列をインデックス番号を指定して削除する
データグリッドビューの列を列名を指定して削除する
データグリッドビューの行をインデックス番号を指定して削除する
データグリッドビューの選択された行を削除する
データグリッドビューの選択された列を削除する
データグリッドビューの行列の最小サイズを設定する
データグリッドビューの特定の行列のサイズを変更できないようにする
データグリッドビューの行列のヘッダーサイズを変更可能にする
データグリッドビューの列の幅を内容に合わせて自動調整する
データグリッドビューの行の高さを内容に合わせて自動調整する
データグリッドビューの列ヘッダーを列幅いっぱいまで表示する
データグリッドビューの列を固定表示する
データグリッドビューの行を固定表示する
データグリッドビューのセルのマルチセレクトを禁止する
データグリッドビューで選択されているセル数を取得する
データグリッドビューのセル属性に合致するセル数を取得する
データグリッドビューのボーダー線のデザインを変更する
データグリッドビュー内容をクリップボードにコピーする
データグリッドビューの行列のヘッダーを設定する
データグリッドビューにツールチップを設定する
データグリッドビューにデータセットを設定する (3)
データグリッドビューにバインディングソースを設定する
データグリッドビューにバインディングソースを設定する (カスタムカラム編)
データグリッドビューのセルに入力した文字列を大文字に変換する
データグリッドビューで新しく追加される行の高さを設定する
データグリッドビューの新規データ追加行 (*) のセルのデフォルト値を設定する
データグリッドビューにリンクカラムを追加する
データグリッドビューで、Tab により次のコントロールにフォーカスを移動する
データグリッドビューにデータセットを設定する (1)
データグリッドビューのセルが表示されているかを判別する
データグリッドビューに列を追加する (1)
データグリッドビューに列を追加する (2)
データグリッドビューにボタンカラムを追加する
データグリッドビューにボタンカラムを挿入する
データグリッドビューに計算式を設定して自動計算させる
データグリッドビューにイメージカラムを追加する
データグリッドビューをソートする
データグリッドビューにチェックボックスカラムを追加する
データグリッドビューに列を追加する (3)
データグリッドビューにデータセットを設定する (2)

ToolStrip

ToolStrip を扱う
ToolStrip の右端の影をフラットにする

ツールチップ

ツールチップを扱う

コンテキストメニュー

コンテキストメニューを扱う
コンテキストメニューを意図的に表示する

チェックボックス

チェックボックスのチェックを反転する
チェックボックスの状態が変化したことを認識する
チェックボックスに中間状態を設定する
チェックボックスの状態に応じてグループボックス内のテキストボックスの状態を変更する

ラジオボタン

ラジオボタンをトグルボタンとして使用する
ラジオボタンのチェックをテキストの右側に表示する

レポートビューア

ReportViewer を使用してデータベースからレポートを作成する
ReportViewer のページ設定ダイアログの値を設定する

カレンダー

カレンダーを扱う
カレンダーで日付の範囲を選択する

グループボックス

グループボックス内の全てのチェックボックスにチェックを付ける

水平スクロールバー

水平スクロールバーの値を取得する

ツールストリップ

ステータスラベルテキストを表示する

ピクチャーボックス

ピクチャーボックスにイメージを表示する

NumericUpDown コントロール

NumericUpDown コントロールを扱う

ブラウザ

ブラウザを作成する

プログレスバー

プログレスバーを使用する

タブ

タブコントロールに新しいタブページを追加する
タブコントロールのタブページを選択する
タブコントロールのタブページを縦に表示する
タブコントロールのタブページを左側に表示する
タブコントロールのタブをボタン形式で表示する
選択されたタブページ内のコントロールを扱う

DateTimePicker

DateTimePicker コントロールに日付を設定する (1)
DateTimePicker コントロールに日付を設定する (2)
DateTimePicker コントロールの日付が変更されたことを判断する
DateTimePicker コントロールから日付を取得する

マウス

マウスクリック時に発生するイベントの順序を判断する
マウスダブルクリック時に発生するイベントの順序を判断する
マウス移動時に発生するイベントの順序を判断する

グラフィック

ARGB カラーと HTML カラーを相互変換する
デジカメで撮影した Exif ファイルから情報を取得する
破線描画する
画像を滑らかに表示する
透明色を設定する
画像を回転する
ビットマップのクローンを作成する
Web サイトから画像イメージをダウンロードする (1)
Web サイトから画像イメージをダウンロードする (2)
Web サイトから画像イメージをダウンロードする (3)
Web サイトから画像イメージをダウンロードする (4)
ARGB により色を扱う
イメージリストを扱う
ピクチャーボックスに文字を描く
ピクチャーボックスに線を描く
グラデーションを使って文字を描画する
線を描画する
矩形を描画する
矩形を描画して塗りつぶす
楕円を描画する
楕円を描画して塗りつぶす (1)
楕円を描画して塗りつぶす (2)
多角形を描画する
アンチエイリアスを使って文字を描画する
色の名称から色情報を使用する
色を 16 進数に変換する
色の16 進数から色情報を使用する
画像イメージをファイルに保存する
画像イメージのサイズを縮小する
画像イメージファイルのエンコード/デコードに使用できるフォーマットを取得する
画像イメージをハイクォリティで拡大する
画像イメージのフォーマットを識別する
アンチエイリアス機能を利用して描画する
矢印を描画する
パスを描画する
イメージを拡大する (1)
イメージを拡大する (2)
ピクチャーボックスのイメージを削除する
ピクチャーボックスに画像を重ねて表示する

印刷

インストール済みのプリンターをすべて取得する
印刷プレビューを扱う
印刷設定を行う
システムで使用できる用紙の種類を取得する
ページ設定ダイアログボックスを行う
文字を印刷する
イメージを印刷する

コレクション

ArrayList を扱う
ArrayList を配列に変換する (1)
SortedList を扱う
HashTable を扱う
Queue を使う (1)
Queue を使う (2)
Stack を使う
ArrayList にアイテムが含まれているか調べる (1)
ArrayList にアイテムが含まれているか調べる (2)
HashTable の内容を SortedList にコンバートしてソートする
NameValueCollection を扱う
リストコレクションを初期化する
List コレクションをユーザー定義のクラス型で初期化する
リストコレクションの値を処理する (1)
リストコレクションの値を処理する (2)
リストコレクションの値を独自メソッドで処理する (1)
リストコレクションの値を独自メソッドで処理する (2)
リストコレクションのサイズを指定する (1)
リストコレクションのサイズを指定する (2)
リストコレクションの Capacity と Count について考える
リストコレクションのサイズを実際のアイテム数に一致させる
読み取り専用コレクションを扱う (1)
文字列のコレクションを扱う
コレクションとインデクサを扱えるクラスを作成する
foreach でコレクションが扱えるクラスを作成する

ジェネリック

【2012.01.01 追記】非コレクションを使わずジェネリック版コレクションを使う
Queue を使う (ジェネリック版)
Stack を使う (ジェネリック版)
LinkedList を使うには… (ジェネリック版)
SortedDictionary を使う (ジェネリック版)
Dictionary を使う (ジェネリック版)
SortedList を使う (ジェネリック版)
ジェネリックの List を扱う
ジェネリックコレクションの型に構造体を使用する
ジェネリックメソッドを使用して配列をソートする

クラス

クラス変数の初期化は自動的に行われる

フォント

汎用フォントを取得する
インストールされているフォントを取得する (1)
インストールされているフォントを取得する (2)
インストールされているフォントを取得する (3)
インストールされているフォントを取得する (4)

メッセージボックス

メッセージボックスを表示する
メッセージボックスのメッセージを右揃えで表示する
メッセージボックスダイアログのアイコンをタスクバーに表示する

環境

実行アプリケーションのパスを取得する
アプリケーションのアイコンを動的に変更する
アプリケーションの開発会社名を取得する
アプリケーションの実行ファイル名をフルパスで取得する
アプリケーションの製品名を取得する
アプリケーションのバージョン情報を取得する
別のアプリケーションを起動して終了するまで待機する (1)
別のアプリケーションを起動して終了するまで待機する (2)
Windows アプリケーションを終了する
コンソールアプリケーションを終了する
アプリケーションのアイドル中に処理を実行する
コマンドライン引数を扱う (1)
アプリケーションの終了時に処理を実行する
起動しているアプリケーションのメインウィンドウのタイトル名を取得する
アプリケーションの終了コードを設定する
アプリケーションの二重起動を防止する
アプリケーションを終了する
アプリケーションを強制終了する
他のアプリケーションの終了コードを取得する
指定した環境変数の値を取得する
環境変数の名称と値の一覧を取得する
デスクトップのサイズを取得する
システムで定義されているフォルダーパスを取得する
完全なユーザー名を取得する
テンポラリフォルダーのパスを取得する

マウス

マウスカーソルの表示/非表示を切り替える
マウスカーソルを待機状態に変更する (1)
アプリケーション全体のマウスカーソルを待機状態に変更する

オブジェクト指向

複数のコンストラクタを実行する
コンストラクタ実行時にそのクラスのスーパークラスのコンストラクタを実行する
デストラクタを使用する
スーパークラスのメソッドをサブクラスから使う
スーパークラスのメソッドを実行する
メソッドのオーバーライドを行う (1)
メソッドのオーバーライドを行うには… (2)
パーシャルクラスを作成する
スーパークラスにできないクラスを作成する
クラスのメンバー変数を参照する
クラスが特定のクラスの派生クラスであるかを判別する
クラスをインスタンス化する (初期化子を使う)
メソッドのオーバーロードを作成する
プロパティを扱う
アクセッサを利用してメンバー変数を扱う
メソッドの引数を可変にする
自動プロパティを扱う
戻り値のあるメソッドを扱う
値渡しと参照私の違い
戻り値を返す処理を作成する
匿名メソッドを扱う
デリゲートを扱う (1)
デリゲートを扱う (2)
デリゲートを扱う (3)
デリゲートを扱う (4)
デリゲートを扱う (5)
デリゲートを扱う (6)
Action デリゲートを扱う (1)
Action デリゲートを扱う (2)
Action デリゲートを扱う (3)
ラムダ式を扱う
ストラクトを考える

オフィス

Excel 2010 を起動する
Word 2010 を起動する
PowerPoint 2010 を起動する
Excel のファイルを扱う
エクセルファイルが既にオープンされているかを例外で判断する
Excel のシートを削除する
Excel 2010 にデータを INSERT する
Excel 2010 のデータを UPDATE する
Excel 2010 のデータを DELETE する
Excel 2010 のブックファイル内にテーブルを作成する

並行処理

一定の時間ごとに処理を実行する (1)
一定の時間ごとに処理を実行する (2)
一定の時間ごとに処理を実行する (3)
一定の時間ごとに処理を実行する (4)
一定の時間ごとにアプリケーションを実行する
一定時間処理を停止する
スレッドが終了するまで待機する (1)
スレッドが終了するまで待機する (2)
処理時間を計測する (1)
処理時間を計測する (2)
スレッドの実行を途中で中止する

メッセージキュー

メッセージキューに専用キューを作成する
メッセージキューの専用キューを削除する
メッセージキューに専用キューが存在しているかを判別する
メッセージキューにメッセージを送信する
メッセージキューからメッセージを受信する
メッセージキュー内のメッセージを取得する

開発環境

条件付きコンパイルを行う
デバッグモード時のみ出力ウィンドウにメッセージを出力する
デバッグ時にだけ実行されるコードを記述する
出力ウィンドウに出力する値にタイトルを付ける

LINQ

LINQ を使う
LINQ – 配列処理
LINQ to SQL – 式ツリーをコンパイルする
LINQ – 配列から特定のデータを抽出する
LINQ – 2 つの配列データの和集合を求める
LINQ – 2 つの配列データの積集合を求める
LINQ – 片方の配列にだけ含まれるデータを求める
LINQ – List コレクションからデータを抽出する
LINQ – 実際に実行される SQL をログ出力する
LINQ – SQL Server からデータを取得する
LINQ – 1 対多のリレーションシップを実現する
LINQ – 多対 1 のリレーションシップを実現する
LINQ – 特定の列のみを SQL に含める

データベース+LINQ

SQL Server データベースに LINQ を使ってデータを INSERT する
SQL Server データベースに LINQ を使ってデータを UPDATE する
SQL Server データベースに LINQ を使ってデータを DELETE する
MS Access データベースを LINQ を使ってアクセスする
Excel を LINQ を使ってアクセスする

データベース

データベース接続文字列を app.config から取得する
Access 2010 からデータを SELECT する (1)
Access 2010 からデータを SELECT する (2)
Access 2010 にデータを INSERT する
Access 2010 にデータを UPDATE する
Access 2010 のデータを DELETE する
Access 2010 からクエリーを使ってデータを抽出する
Excel 2010 からデータを SELECT する (1)
Excel 2010 からデータを SELECT する (2)

スクリーンショット

スクリーンショットを取得する
フォームのスクリーンショットを取得する
コントロールのスクリーンショットを取得する (1)
コントロールのスクリーンショットを取得する (2)
ワーキングエリアのスクリーンショットを取得する

イベント

イベントを呼び出したコントロールの名前を取得する

列挙子

IEnumerator オブジェクトを使って列挙子を扱う

反復子

イテレータ (反復子) を扱う
イテレータを使って 1 ~ 10 までの積算をする

その他

匿名データ型を扱う
Main メソッドを扱う
定数を定義する
画面の解像度を取得する
コントロールパネル内のアプリケーションを起動する
ActiveMovie Control を使って、MP3 を再生する
システムのビープ音を鳴らす
例外を意図的に発生させる
呼び出されたメソッドで発生した例外を呼び出し元に戻す
エラーを正しくハンドリングする
コンソールに文字列を出力する
構造体の変数宣言と同時に初期化する
ガベージコレクションを強制的に実行する
インスタンスが破棄された際に、確実に処理を実行する
WMI オブジェクトを使ってドライブ情報を取得する
アプリケーションの設定情報を扱う
スレッドを使ってアプリケーションを起動する
インデクサを扱う
クリップボードにデータを設定する
クリップボードからデータを取得する
レジストリのキーの値を取得する
レジストリにキーを作成する
ボクシングの仕組みを考える
色の設定ダイアログを表示して色を選択する
イベントログにイベントを書き込む
Visual Basic の関数を使う
WSH の関数を使う
インスタンス自身を表す this を扱う
オーボーフローのチェックを明示的に行う
ポインタを扱う
EXE に埋め込んだビットマップリソースを利用する (1)
EXE に埋め込んだビットマップリソースを利用する (2)
アクセスキーを使用する
コントロールパネルのアプリケーションを起動する
マウスカーソルを待機状態に変更する (2)
グローバル定数の代わりに Enum を使う
コマンドプロンプトで実行した結果を読み込む
msvcr71.dllを扱う
入力されたキーを認識する
Shfit, Control, Alt キーを取得する
Beep 音でドレミファソラシドを演奏する
リムーバルドライブの一覧を取得する
IME モードを制御する
ショートカットを作成する
システム情報を取得する
タスクバーの高さを取得する
ダイアログボックスで入力を行う
エディタで特定の範囲のコードを折りたためるようにする
お金の計算を正確にする
XML ファイルからデータセット作成する
データセットのデータにインデクサによりアクセスする
グローバル変数、定数、関数を擬似的に作る
メモリストリームを扱う
マルチディスプレイの情報を取得する
デバッグメッセージをファイルにも同時に書き込む
強制的に次のタブオーダーのコントロールにフォーカスを設定する
Html エンコーディング、HTML デコーディングを行う
古いメソッドが使用された時にコンパイルエラーを表示する
コマンドライン引数を扱う (2)
GUID を生成する
トラップされていない例外を制御する
画面の色数を取得する
ナレーターによって、コントロールの名前を読み上げる
イテレータを使って重複データを除去する
キー入力イベントの順序を判断する
イベントに匿名メソッドを設定する
システムアイコンを取得する
FileSystemWatcher でファイルを監視する
ディレクトリ配下のすべてのファイルを取得する
ブラウザのアドレスバーからアドレスをドラッグ & ドロップする
メンバー変数のデフォルトの初期値を確認する
パスワードを伏字にする
特定の語句を含むファイルを検索する
通知領域に表示するノティファイアイコンにバルーンを表示する
オーバーライドを考える
Caps Lock の状態を判別する (1)
Caps Lock の状態を判別する (2)
Num Lock の状態を判別する (1)
Num Lock の状態を判別する (2)
ArrayList が固定サイズであるかを判別する
自アプリケーションが実行中の OS が 64bit かを判別する
自アプリケーションのプロセスが 64bit かをを判別する
自アプリケーションが稼働しているマシンのプロセッサ数を取得する
システムディレクトリを取得する
マシンのメモリサイズを取得する
イベントハンドラを追加する
属性を定義する
ジェネリックなクラスを作成する
フォルダの参照ダイアログを扱う
フォント選択ダイアログを扱う
エラープロバイダーを扱う
スクリーンショットを取得する
Windows のメッセージを処理する
構造体の配列を扱う

PAGETOP
Copyright © ITLAB51.COM All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.