C# プログラマーによる技術情報サイトです。フリーランスでの活動で日々遭遇する技術情報をお届けします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • »
  • 変数

変数

C# 変数を宣言する (.NET の型を使用)

C# による変数の宣言方法を解説します。宣言には .NET の型を使います。

C# 変数を宣言する (各言語の別名を使用)

C# による変数の宣言方法を解説します。宣言には C# の型を使います。

C# 変数を宣言する (インスタンス化を使用)

C# による変数の宣言方法を解説します。型を表すクラスを使用して、インスタンス化することで変数の宣言と初期化を同時に行っています。

C# 変数名に予約語を使用する

C# では変数の前に @ を付けることにより、変数名に予約語を使うことができます。

C# 変数の型名を取得する

変数の型名を取得しています。名前空間まで含めた完全名称と、名前空間が含まれていない名称があります。

C# 変数をまとめて宣言する

変数 v1, v2 を 1 行に記述した場合でも、どちらの変数も int 型で宣言されます。

C# 複数の変数に値を一度に代入する

変数の代入には = 演算子を使います。複数の変数に同じ値を同時に代入する際には、連続して記述することができます。

C# 型のサイズを取得する (Marshal クラスを使用)

Marshal クラスを使用して、型のサイズを出力しています。単位はバイトです。

C# 型のサイズを取得する (各言語固有の方法を使用)

型のサイズを取得しています。取得できるのは値型のみで、String 型のような参照型は取得できません。

C# メンバー変数を初期化する (インスタンス化時にメンバー変数名を指定)

クラスのインスタンス化時に、メンバー変数名を指定して初期化しています。

C# 変数を宣言する (string 型の初期化)

string 型は参照型ですが、値型と同じように扱うことができます。

C# 型に別名 (エイリアス) を付与する

.NET の型 (例:System.Int32) には 各言語の型の別名 (例:int) が付与されていますが、さらに他の別名も付与することができます。

C# 型推論を使用して、変数の型を自動的に決定する

型推論とは、型を明示的に指定しなくても初期化時に指定される値によって変数の型を自動的に決定する仕組みです。

C# 値型の変数で null を扱う

int 型などの値型の変数などにも null を代入することができます。

C# 値型の変数を別の値型の変数にキャストする (明示的)

キャスト元の変数には小数点以下の内容が含まれていますが、キャストすることによって、小数点以下が丸められます。

C# 値型の変数を参照型の変数にキャストする

値型から参照型へのキャストは ToString メソッドを使って行います。

C# 値型の変数を別の値型の変数にキャストする (暗黙的)

小さな型に代入されている値を大きな型に代入する場合には、暗黙的にキャストが行われます。

C# as (dynamic_cast) 演算子を使用して、変数をキャストする

変数 v1 のデータを as 演算子を使ってキャストします。

C# 数値型変数の最小値と最大値を確認する

数値型の最小値と最大値を出力しています。

C# メンバー変数のデフォルトの初期値を確認する

メンバー変数のデフォルトの初期値を確認する方法です。

PAGETOP
Copyright © ITLAB51.COM All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.